英国風輸入住宅の特徴

英国風の輸入住宅と聞くと、絵本の世界から飛び出したような美しく、綺麗な家を想像する人も少なくはないと思います。

英国風の輸入住宅の特徴は、古びた寒時の木材が使用されることが多く、アンティーク調の家具との相性もばっちりです。

外観の雰囲気は、重圧感があり、安定感のある雰囲気をしています。

落ち着いた空間が大好きな人には、英国風の輸入住宅はすごく好まれます。

イギリススタイルの建築では、「チューダー様式」で建てられることが代表的だといわれています。

レンガ張りに漆喰を組み合わせると言ったコントラストが映える住宅の外壁は見る人を引き付け、魅了することでしょう。

日本でも、英国風の輸入住宅が建てられているところは多いので、違和感なく楽しむことができると言われています。

外壁にも魅了されますが、インテリアについても、木材が多くつかわれているので、落ち着きのあるくつろげる空間を作り上げています。

英国風の輸入住宅は、幅広い年代の人に人気があります。

PR|豊田市で建てる輸入住宅|