輸入住宅のようにおしゃれに、キッチンに拘る

注文住宅でマイホームを建てるからこそ、キッチンにはこだわりたかったのです。輸入住宅のようなおしゃれで機能性の高いキッチンは素敵ですよね。ですから注文住宅で建てたマイホームは、キッチンにはこだわりました。

 

絶対にダイニングスペースが横か前に配置される形でのキッチン&ダイニングにしたかったのですよね。輸入住宅にもそういうキッチンがあると思います。ですが、旦那の実家も私の実家もそして新婚から住んでいたマンションにしても、キッチンが壁付きで背中を向けて立つタイプのキッチンだったのです。

 

壁にベタッと張り付けられて、そして背中を向けて立つタイプのキッチンは、昭和の時代の家にはよくあったようなオーソドックスなタイプのキッチンですよね。輸入住宅のようにおしゃれではありません。珍しくもなんともないのですが、しかし夫婦ともにこのタイプのキッチンは避けたかったのです。

 

私は、「料理は壁側を向きながらするのは楽しくない」と思っていましたから。料理だけに集中する料理人ならばいいのでしょうけれど、私たち夫婦は「ながら料理がしたい」と思っていましたので。「テレビを見ながら料理がしたい」「そもそも、壁を向いて家事をするのはなんか楽しくない」などといった気持ちもあったのですが、何より「子供たちの様子を見ながら家事をしたい」という気持ちが強かったもので。

 

けれども対面キッチンタイプでシステムキッチンは探しました。まあ今では対面キッチンタイプのシステムキッチンを探すことなんて難しいことでもなんでもないですよね。輸入住宅でも見られますし、今では一戸建てマイホームに入れるキッチンは、対面キッチンが定番ともいえるほどになっていますので。

 

ですから、注文住宅のキッチンで考えなくてはならないのはスペースの取り方でしたね。私たち夫婦は、キッチンの横にダイニングスペースを配置したいと思っていましたので、その配置方法というかスペースの取り方には設計士さんは頭を悩ませていましたよ。豪邸の輸入住宅のようにスペースが広々としているわけではなく、なんせ、スペースが限られていますので。

 

しかしキッチン&ダイニングスペースの面積にはそれほど余裕がなかったもので、実は当初希望していた対面キッチンよりも少し小さめのキッチンを入れています。輸入住宅のようなおしゃれさや住宅設備よりも配置を優先させてのことです。

 

以上のように、一戸建てマイホームのキッチンは、いろいろと迷ったり悩んだり工夫したりもしましたが、これで良かったと思います。注文住宅だからこそ、自分たちの希望に近い形を実現させてもらえたと思っていますし。輸入住宅のような家にすることもできるのです。注文住宅の利点を活かせたと思っています。

PR|英語上達の秘訣|オーディオ|GetMoney|健康マニアによる無病ライフ|JALカード|工務店向け集客ノウハウ|家計見直しクラブ|貯蓄|アフィリエイト相互リンク|サプリメント|初値予想|内職 アルバイト|生命保険の選び方|心の童話|住宅リフォーム総合情報|クレジットカードの即日発行じゃけん|