ハウスメーカーで建てるなら心の保険代と

一戸建てマイホームをハウスメーカーで建てたいとは思うものの、その費用にちょっと引いてしまう人もいることでしょう。私にしてもそうでした。しかしもう、「心の保険」と割り切るのです。ハウスメーカーの場合は、定期的にメンテナンスに来てくれるような会社が多いですからね。メンテナンスに惹かれて、それで結局大手ハウスメーカーでマイホームを建てる人も多いですから。

わが家にしても、30年後もつぶれることなく、なにか故障する箇所があったら担当者が変わろうが対応してくれる会社がいいと思いましたから。そのようなことを姉に相談したところ、「それならハウスメーカー一択だねー」と言われましたので。

完全なる注文住宅にはとても惹かれたのですが、しかし後からうちを建ててくれた工務店が、跡取りがいなくて会社をたたむことになったとか、そういった事情でもう頼めなくなってもいやだなーと思いましたので。それならば最初からハウスメーカーだーと思って、メンテナンスのことを最大限に考えてハウスメーカーにしたのです。

これでもう少し住宅に詳しい人ならば、たとえ家を建ててくれた工務店がつぶれたとしても、注文住宅のメンテナンスはどこに出せばいいとかわかるのかも知れませんが、いかんせん私たち夫婦は建設会社を見極める目もない素人だと思いますので、安全をとってハウスメーカーにしたのです。値段はまあそれなりにお高く、削ろうと思えば削れる箇所は気になりましたが、でも心の保険代だとも思っています。

土地の周りを歩いてチェックする事が大切

私は自分の理想の一戸建てを注文住宅で建てるためには土地選びが大事だと思っていました。どんなに素晴らしい内装の一戸建てにしても周りの景観など周辺環境がよくないと理想通りの素晴らしい生活はできないです。

そのため私は仕事が休みのときに車でいろいろな土地をチェックしに行きました。自動車があれば1日で複数の土地を見学できるのですが、土地の周りを実際に歩いてみることが大事です。周りを自分で歩いてみることでいろいろなことに気づくことが可能です。

私は気に入った土地があったときには土地の近くをしっかり歩いてみることにしました。私は通勤で電車を使おうと思っていたので、駅まで何分で行けるか歩いてチェックしました。その結果、徒歩で十分行ける距離に駅があったので理想的な土地だと思いました。

また、家の近くに病院やスーパーがあるか確認しました。やはり生活するときに頻繁に利用する可能性がある施設が近くにあるかどうかは、土地を選ぶ時の大切な判断基準になると思います。